Macでの勉強記録

自分でハマったところは詳しく書くけど、ハマってないところはあっさり。気が向いたら追記するかも。

17.03.27 RaspberryPi立ち上げメモ

RaspberryPiの立ち上げを行った。基本的には下記のサイトに記載の通りに実行した。 https://tool-lab.com/make-course/raspberrypi/ キーボードもマウスも手元にないし、何より物を増やしたくないので、最小構成の方法2を選択。 極めて丁寧に書かれているの…

17.02.07 開発環境構築-Homeblew

ARMの勉強をしたくてRaspberry−Piを買ったので、ベアメタル開発環境の構築を行う。 せっかくなのでMacで環境を構築したいが、まずパッケージをどうやって引っ張ってくれば良いのか。調べてみるとyumとかapt−getに相当するものはHomeblewというものらしいので…

17.02.05 AXIプロトコル概要

AXIプロトコルに関して、自分用メモ。まずはシングル転送。 5つのチャネル ライトアドレス:AW*** ライトデータ:W*** ライト応答:B*** リードアドレス:AR*** リードデータ:R*** ハンドシェイク 受信側:受信可能な時にreadyをアサート 送信側:送信デー…

16.08.16 IPベースLED点灯回路①

いよいよPS+PLでのシステム開発の例題。Vivadoの特徴でもあるIP化も行うらしい。事実、後の例題でIPの流用を行うようだ。題材はシンプルなLED点灯回路。 IPインスタンス いわゆるPL部。登録済みのライブラリからZYNQ7を選んでカスタマイズ。Hello worldでも…

16.08.12 ようやくLチカ

ようやくMac上に構築した仮想LinuxマシンからMac(ホスト)IFを介してUSB−JTAG通信を実現できた。直接WindowsマシンにVivado入れれば話はすんなりだったろうが、何しろWindowsマシンがないので仕方ない。前回、ようやくHello worldが表示されたものの、所詮…

16.08.12 FPGA開発環境立ち上げ4

ようやくHello worldが表示できたので、忘れないうちに。色々やってみたけど、おそらくクリティカルだったのは、rxtx2.2pre2を適用したことっぽい。長かった。。 JAVAのアップデート Xilinxのページで特にJAVAの要件は書いてなかったけれど、念のため最新に…

16.08.05 FPGA開発環境立ち上げ3

SDKからデバッグをしようとするとシリアル通信部分でエラーが発生することがわかった。librxtxSerial.soなるライブラリがないのか、パスが通っていないのかが原因と思われる。 http://fizzed.com/oss/rxtx-for-java 上記より、64bit版Linux向けのものをダウ…

16.08.03 FPGA開発環境立ち上げ2

一気に進めているけど、Vivadoのセットアップに移るので改題。面倒なのでCentOSからfirefoxたちあげてVivado Webpack2016.2をダウンロード。ライセンスも持ってきておく。 スーパーユーザでインストール。SDKにチェックを忘れずに。ライセンスは先ほど取って…

16.08.03 FPGA開発環境立ち上げ1

仕事でも使うので、FPGAを用いてVerilogの勉強をしてみようと思い、まずは環境の立ち上げ。せっかくMacも買ったことなので、Mac上で開発しようと思うが、XilinxにせよAlteraにせよWindows or Linux向けの開発ツールしかない。というわけで仮想マシンにLinux…